ホーム>よくあるご質問

ねんどのよくある質問

  ご意見・お問合せはこちら

ねんどのことでご質問がありましたら、上記のリンク先のページよりお願いします。HPスタッフがすばやくお答えさせていただきます。

ねんど全般的によくある質問

1.粘土の種類はどう選んだらいいのか

  油ねんど、紙粘土、土ねんど、種類によって少しずつ違います。油ねんどは乾燥により固まらず、何度でも使用することが出来ます。紙ねんどは乾燥させることで固くなるので、展示用の作品を作ることが出来ます。土ねんどは固まっても水をくわえて練り直すことで再度使用することができます。

2.使用中の注意点

  ねんどを使用する前後にはしっかり手を洗いましょう。モデリングクレイ(クレイトーン)は手に色がつきやすく、ついた状態で別のねんどを触ってしまうと色が移ってしまいます。使う前に手にベビーオイルなどを少量つけて油の膜を作ることでこれを防ぐことが出来ます。使い終わった時もオイルをつけて全体を軽く拭いてから石鹸で洗ってください。

3.固くなったねんどの再生方法

  紙ねんどは時間がたつと、全体的にバサバサして伸びが悪くなってきます。水を練りこんだり、軽量ねんどにはハンドソープなどを入れて練ることで少しなら戻りますが、元通りにはなりません。そういったねんどは芯材や土台部分として使ってください。

4.残ったねんどの保存方法

  油ねんどはふたのできる容器にいれて、ほこりがつかないようにしてください。油ねんどは2~3年を目安にご使用ください。紙ねんどや土ねんどは空気に触れないようにラップなどでくるんで、日の直接当たらないところに保存してください。開封後は出来るだけはやく使い切るようにしてください。

5.ねんど作品を飾る時のポイント

  紙ねんどはニスなどをつけて、あまり日のあたらないところに飾ってください。ケースに入れて、埃がつかないようにしておくときれいに保存できます。

■紙ねんど


Q,紙ねんどってどんな粘土?

A,紙ねんどとは炭酸カルシウムやのり剤を主原料として、それにパルプを混ぜたものです。ひび割れが起きにくく、芯材にもよくつき、可塑性にも優れているためたいへん使いやすいねんどです。自然乾燥により固くなるので保存する作品つくりに適しています。乾燥後に削ったり盛ったり着色したりすることができるタイプもあります。耐久性はそれほど高くなく、強い衝撃には気を付ける必要があります。

Q,紙粘土の着色には何を使ったらいいですか?

A,弊社のサンプルの着色は水彩絵具でしています。アクリル絵の具でも大丈夫です。

Q,違う粘土同士を混ぜることができますか?

A,シルククレイにサープルを加えてならしやすくしたり、ウッディにシルクをくわえて木の風合いの作品に強度をあげるといったように、お互いのいいところを足すために別のねんどをまぜることがあります。質感を出しつつ軽量の作品にするために重いねんどと軽いねんどを混ぜる場合、すぐに使わないとねんどの質が変化して使えなくなることがあるので、使い切れる量だけ混ぜるようにしてください。

Q,フィギュア作りに適した紙粘土はどれですか?

A,重いタイプのねんどでのおすすめはシルククレイです。このねんどは細工ヘラで扱うのにほどのよい硬さをもっており、繊細な作業を行うことが出来ます。また乾燥後の強度にも優れています。小さい作品(20~30cm程度)をつくられるようならシルククレイにサープルを混ぜるとより作りやすくなります。サープルは柔らかいねんどなので、これを加えることで馴らしやすくすることが出来ます。その際はシルククレイとサープルを1:1くらいで混ぜるとよいでしょう。

Q,授業でジオラマを作りたいのですがどんな順序で何を使ったらいいですか?

A,弊社では主にサープルをつかって大型作品を製作しています。色ののりも良く、制作後に磨く削るといった加工も出来るので使いやすいと思います。作り方ですが、まず芯材(段ボールやベニヤ板)をつかって土台をつくります。高くしたいところは発泡スチロールやペットボトルなどをつけておおまかな形をつくっておくとねんどの使用量を抑えることが出来ます。次に練っておいたねんどを木工用ボンド使って、芯材につけていきます。ねんどの土台ができたら、その上から細かな部分を製作していくとよいとおもいます。ねんどの接着部分が小さいときは、あらかじめ継ぎ目に針金や竹ぐしなどの芯材を刺しておくと作業がやりやすくなります。

Q,紙粘土で作品を作る際にその表面が乾燥してくるまでの時間は?

A,ねんどの種類や、制作現場の環境にもよってくるのですが、だいたい1時間~1時間半程度たつと、ねんどの表面が乾燥し始めて、ややパサパサしてきます。そうなった場合は水やハンドソープをねんどにつけることである程度柔らかくすることが出来ます。ただしどうしても長時間になると使いにくくなる問題は避けられないので、基本的には使わないねんどはすぐに保存袋等にしまうように心掛けてください。

Q,紙粘土の作品が乾燥して、完全に固まるまでの時間は?

A,制作中同様、ねんどの種類や制作現場の環境により変わってくるのですが、紙ねんどの場合は2日くらいで押しても形が変わらない程度に固くなり、3~4日くらいで完全に固まります。

紙ねんどの商品一覧はこちら 紙ねんどの特長比較はこちら

TOPへ

■軽量紙ねんど


Q,軽量紙ねんどってどんな粘土?

A,軽量紙ねんどとは有機微小中空球体とパルプや繊維をまぜたものです。ねんどが手につかず、また非常に軽くて、柔らかいので小さい子供でもとても使いやすくなっています。通常の紙粘土同様、自然乾燥により固まるので保存する作品つくりに適しています。芯材への付きがよく、またねんども垂れにくいので、色々なものと組み合わせて作品を作ることができます。耐久性は低く、強い力を加えると破損してしまうので保存環境には気を付ける必要があります。

Q,乾燥後に着彩するには何を使ったらいいですか?

A,水彩絵の具、アクリル絵の具、ニス、接着は木工ボンドも使えます。ただし、筆で何度も同じところをこすっているとほんの少し表面が溶ける恐れがあるので、その点には気を配ってください。色を塗り重ねるときは完全に乾いてから塗ってください。

Q,粘土を布につけることは可能ですか?

A,ダンガリーシャツの薄いタイプの布に厚さ2~3mm、直径2cm程度のねんどを付けてみたところ可能でした。また、接着には木工用ボンドを用いました。

Q,購入してから2年たった粘土は使えますか?

A,2年前の天使のねんどは表面がパサついて全体にかたくなっていると思います。ハンドソープなどを加えて練ってみてください。それでもバサバサしてまとまりにくいようなら、作品をつくるのは難しいかと思います。芯材や大型作品の土台にして何かを刺すのにつかったりというような使用方法を検討してみてください。

Q,粘土作品は時間経過によりヒビがはいったり変色したりしないでしょうか?

A,ヒビは乾燥前にすじがなければ乾燥してから入ることはありません。すじができてしまったら水をつけてこすって、ねんどを馴らしてから乾燥させてください。またヒビが入ってしまった場合はその部分にねんどやボンドを入れて補修すれば大丈夫です。変色は日の当たるところにねんどを飾った場合、マーカーで着色した部分や水彩絵具などを練りこんだことろで発生することがあります。作品は出来るだけ日の当たらないところに飾って楽しんでください。

Q,軽量の紙粘土で作品を作る際にその表面が乾燥してくるまでの時間は?

A,軽量ねんどは普通の紙ねんどよりも水分量が少ないなどの理由から、少し早く乾燥します。ねんどの種類や、制作現場の環境にもよってくるのですが、だいたい30分程度たつと、ねんどの表面が乾燥し始めてややパサパサしてきます。そうなった場合は水やハンドソープをねんどにつけることである程度柔らかくすることが出来ます。ただしどうしても長時間になると使いにくくなる問題は避けられないので、基本的には使わないねんどはすぐに保存袋等にしまうように心掛けてください。

軽量紙ねんどの商品一覧はこちら 軽量紙ねんどの特長比較はこちら

TOPへ

■液体紙ねんど


Q,ホイップねんどの切り口の大きさと形は?

A,マヨネーズチューブの切り口と同じような星型で直径は1.2mmくらいです。ゆっくり絞っていただくと5つの角のたったホイップクリームの形になります。また、なめらかホイップねんどJrは使う方が自身の好みの大きさや形に切ってお使いいただけます。

Q,ホイップねんどの保存期間は?

A,未開封のホイップねんどの保存は1年くらいです。時間がたちすぎると固くなりますので、購入後は出来るだけ早く使用してください。

Q,ホイップねんどの強度は?

A,このねんどは通常の紙ねんど同様、強い糊材は使用していません。乾燥後であっても、芯の入っていない作品は手で折ることができる程度の固さとなります。

Q,おえかきホイップねんどの保存方法は?

A,三角形の先の切り口のところをテープなどでしっかり密封してください。次回使うときにテープを好きな大きさにきって使ってください。先のところが固くなっていたら、その部分だけ押し出して柔らかい部分つかってください。

液体紙ねんどの商品一覧はこちら

TOPへ

■油ねんど


Q,油ねんどってどんな粘土?

A,油ねんどとはカオリン等の鉱物粉とワリセン、ひまし油、植物性油、鉱物性油を混ぜて作られたものです。自然乾燥により固くならず、コシが強くて伸ばしやすいので可塑性に優れています。何度でも作り直して遊べるので粘土遊びに向いています。またその可塑性や離形を生かして、フィギュア等の型取りに使用することもできます。乾燥しないので保存用の作品作りにはあまり適していません。

Q,油粘土に油絵の具を練りこむことはできますか?

A,練りこむことができます。ほいく、ポピー油土に三色の油絵具をそれぞれ練りこんで見た結果、練りこむことができました。

Q,油を練りこむことで油粘土を柔らかくすることは出来ますか?

A,油ねんどの中の油は混ぜているだけでなく化学反応させて作っているので、ただ油を練りこんでもあまり効果はありません。

Q,かたくなった油粘土を柔らかくする方法はありますか?

A,ねんどは冷えると固くなり、温めると柔らかくなります。ポリ袋などに入れて、お湯の中で温めていただくと柔らかくなります。その際、ねんどが直接お湯に触れないように注意してください。お湯の温度は、お風呂より少し熱い程度が適温です。沸騰するような高温は避けてください。他にも、暖かいお部屋に置いておくだけでも効果はあります。

Q,油粘土はどのくらいの期間使用できますか?

A,油ねんどは2~3年を目安にお使いください。油ねんどは自然乾燥で固くなることはありませんが、数年たつと表面から酸化乾燥して、全体にパサパサして固くなってきます。ねんどの廃棄はそれぞれの自治体にお問い合わせください。

Q,プラスクレイは芯材を使うことができますか?

A,プラスクレイは芯材をつかう事ができます。ただし、かなりの重量がありますから、使う芯材はそれに耐えられるものを選ぶ必要があります。針金芯材をお使いになるなら、布などを巻いたりして、落ちにくい状態でご使用ください。油ねんどは乾燥しないのでさわると形が変わってしまいます。長く保存する作品などにはあまりむいていません。

Q,プラスクレイとは?どんな粘土ですか?

A,成形油粘土、彫塑彫刻用モデリング粘土です。天然粘土の可塑性を生かした、硫黄を使用しない成形粘土です。石膏からのはがれもよく、流し込み時の放熱にも耐えることができる点が特長です。

油ねんどの商品一覧はこちら

TOPへ

■土ねんど


Q,土ねんどってどんな粘土?

A,土ねんどとは粘土層から掘り出したねんどに少量の砂を混ぜて作られたものです。原料によって焼成できるものとそうでないものがあります。自然乾燥により固くなりますが、水を加えることでまた柔らかくなるので、貯蔵容器等で適切に保存することで繰り返し使用することができます。この点から粘土遊びや造形の練習に適しています。可塑性に非常に優れ、ねんどのくっつきもよいので立体造形や動きのある作品つくりに向いています。収縮率が高いので芯材を使用するとヒビが入りやすい点には注意が必要です。

Q,ブロンズ粘土で芯材を使った作品は作れますか?

A,ブロンズ粘土は天然の土ねんどです。紙ねんどと比べて粘りが少なく、収縮が大きい(10%)ため芯材をいれると乾燥の際に割れることがあります。2cmの円柱に針金程度の芯材なら大丈夫です。芯材の材質というより芯材の比率、分量に関係してきます。

Q,彫塑用粘土テクニーを柔らかくするには?

A,ねんどに水を加えると柔らかくなります。濡らした布で表面を覆っておくと自然に水分が中にとりこまれて柔らかくなります。柔らかくした後はよく練って全体を均一にしてください。

Q,彫塑用粘土テクニーに着色することは出来ますか?何を使えばいいですか?

A,彫塑用粘土テクニーは水彩絵の具やアクリル絵の具で着色することが出来ます。ただし、水を多く含むと表面が柔らかくなるので塗る量には気を付けてください。

Q,彫塑用粘土テクニーはオーブンにいれて焼けますか?

A,テクニーのような土ねんどは粘り気が少ないので高い温度で焼くと割れてしまいます。焼成には焼きねんど(弊社の製品では高級焼粘土瀬戸)が適しています。

土ねんどの商品一覧はこちら

TOPへ

■ひなたぼっこ


Q,ひなたぼっこはオーブンなどで焼いたほうがいいのでしょうか?

A,ひなたぼっこは焼かなくても自然乾燥だけでとても丈夫な作品になります。逆に焼成することにより作品にひびが入るといった危険もありますので、焼くことはしない方がいいでしょう。

Q,屋外での作品展示はできますか?

A,雨にあたっても、溶けることはありません。ただし濡れているときはやや硬度が落ちるので、その状態の時は強く押したりこすったりはしないでください。また乾いたら元の固さに戻ります。

Q,苗を植えて、水やりはできますか?

A,問題なく行うことが出来ます。受け皿を利用する場合は、皿に水が常にたまっているといった状態は避けてください。

Q,色は塗れますか?

A,はい、着色することは可能です。屋外作品を作る場合は耐水性のあるアクリル絵の具を使用してください。

Q,絵の具を塗りこんだ場合、強度に影響は出ますか?

A,ひなたぼっこは乾燥すると大変丈夫になりますので、練りこんでも問題はありません。

Q,お香たてのような用途の作品を作る事は可能でしょうか?

A,作ることは出来ますが、直接火種に触るような作品の場合、ねんどに樹脂成分が含まれていますの焦げることがあります。ねんどが燃えることはありません。

Q,ひなたぼっこで型抜きを使うことは出来るでしょうか?

A,はい、使うことは出来ます。細かい動物の型抜きで試してみたところ、しっかり形を写して、すんなり型抜きから外すことが出来ました。

ひなたぼっこの商品一覧はこちら ひなたぼっこで遊ぼう!

TOPへ

■クレイトーン


Q,クレイトーン・プラスタリーナの違いはなんですか?

A,ねんど自体は同じですが量や色が違っています。たくさんの作品をつくるときは分量の多いプラスタリーナがお得です。クレイトーンは1色の分量がプラスタリーナの1/4なので、たくさんの色を試したいときや少量しか使わないときはこちらを選んでください。

Q,カラーはどれくらいありますか?

A,プラスタリーナ(約453g)が20色、クレイトーン単色(約114g)が18色、クレイトーン4色セット(約453g)が15組あります。つくるものによって分量をを選べます。

Q,手に付いたクレイトーンの落とし方は?(使い始めと終わった時の注意点)

A,ベービーオイルなどをあらかじめ手に塗ってから作業をしてください。違う色を使うときや作業後もベビーオイルなどを塗って、色を浮かせて拭き取ると簡単に色を落とすことはできます。その後、石鹸で手をよく洗ってください。

Q,クレイトーン・プラスタリーナは溶けますか?

A,湯煎(ねんどを容器に入れ、容器ごと湯の中で間接的に熱すること)に掛けると65度くらいですぐ溶けます。溶けてからも油分が分離しません。クレイオーブン(長時間かけて80度くらいにあげる特別のオーブン)に入れても大丈夫です。溶けたねんどは型取りに使うことができます。

クレイトーンの商品一覧はこちら クレイアニメを楽しもう

TOPへ

■ケイトポリクレイ


Q,使う前の準備は?

A,ケイトポリクレイはとても固いので、必ず柔らかくなるまで練ってください。

Q,焼成時間は?

A,温度時間調節のできるオーブンを使用して120~130度で温めた場合、2cm丸くらいの大きさのもの30分程度かかります。大きさにより変わるので1度焼いてから様子を見てください。足りないようでしたら再度焼成することもできます。

Q,オーブンねんどの保存方法は?

A,ほこりがつかないようにラップなどで簡単に包み、ふたのできる容器に入れて日の当らないところにおいてください。1年以上保存することができます。

ケイトポリクレイの商品一覧はこちら ケイトポリクレイ入門

TOPへ

■関連商品


Q,メタルカラーおよび腐食液の使用するタイミングは?

A,メタルカラーや腐食液は粘土が完全に乾燥してから使用してください。

Q,メタルカラーを使用する際に気を付けることは?

A,メタルカラーがよく塗られていないと腐食液を塗布しても発色しにくくなります。メタルカラーは金属の粒子が沈殿している場合があるので割りばし等でよく混ぜて使用してください。またメタルカラーに使用した筆をそのまま腐食液の中に入れてしまうと液体の腐食力が弱まってしまうので、それぞれの筆は使い分けてください。使用した筆は金属液が固まる前に丁寧に洗ってください。

Q,腐食液の状態を確かめるためには?

A,腐食力が弱まっていないことを確認する方法として、銅(10円玉など)に塗布してみてください。しっかり発色するようならば問題ありません。発色までは少し時間がかかります。

関連商品の商品一覧はこちら

TOPへ

TOPへ