ホーム軽量紙ねんど>紙ねんどの特長比較

軽量紙ねんどの特長比較

紙ねんどは使用時は基本的に柔らかいが、時間がたつと乾燥して固くなるので、展示作品をつくるのに適したねんどです。
紙ねんどの中でも軽量紙ねんどはとても軽くて手にもつかないので小さい子供でも扱いやすくなっています。
ここでは当社の軽量紙ねんどの特長を分かりやすく説明していますので、ねんど選びの参考にしてみてください。

それぞれの軽量紙ねんどの特長を各項目ごとに比較しています。

商品名 天使ねんど カラフル紙ねんど
(ねんどでラララ)
ウィングシルク
重さ(g)
大きさ(cm)
80
15×9×3
60
13×7.5×2
130
15×9×2.5
かたさ(粘りけ) とても柔らかい もっとも柔らかい 柔らかい
手へのつかなさ 付かない 付かない 付かない
伸ばしやすさ 伸ばしやすい 伸ばしやすい とても伸ばしやすい
なめらかさ(キメの細かさ) もっともなめらか なめらか とてもなめらか
芯材へのつきやすさ とても付けやすい もっとも付けやすい とても付けやすい
ねんど同士のつけやすさ 付けやすい とても付けやすい とても付けやすい
混色 蛍光ペン等で書くだけで色が付けられる ねんど同士を混ぜて新しい色が作れる 絵の具と混ぜるとパステル調になる

それぞれの軽量紙ねんどの特長をいかした犬の作品とその説明です。

天使のねんど

天使のねんどのオススメ作品

天使のねんどはとてもなめらかで柔らかい質感を持ち、「癒し系ねんど」として介護や子育ての現場でも高い評価を受けています。乾燥後もやや弾力をもった、キメが細かくて温かみのある仕上がりとなるので、丸みを帯びたかわいい系の作品に適しています。
この作品でもほとんとのパーツを丸っぽくつくることで天使のねんどのなめらかな仕上がりを生かしています。

天使のねんどの商品説明はこちら

カラフル紙ねんど

カラフルねんどのオススメ作品

カラフル紙ねんどはねんど同士がとてもくっつきやすいので繊細な作品が作りやすくなっています。また混色もねんど同士で思い通りにできるので使いたい色を自由に作ることができます。
この作品では粘土のつけやすさを生かして、基本の5色を組み合わせて作っています。

カラフル紙ねんどの商品説明はこちら

ウィングシルク

ウィングシルクのオススメ作品

ウィングシルクは柔らかいのに、薄く伸ばして折り紙ができるほど丈夫でコシが強いねんどです。また芯材やねんど同士もつきやすいので形の複雑な作品も作ることができます。
この作品は風船にねんどをつけ、乾燥後に風船を取り出すという方法で作っているのですが、ここでも収縮で崩れないウィングシルクの丈夫さが生かされています。

ウィングシルクの商品説明はこちら

軽量紙ねんどの商品一覧はこちら