ホームひなたぼっこ>植木鉢を作ろう

ひなたぼっこの特長と使い方

植木鉢を作ろう

アクセサリーを作ろう

フラワーピック・ネームプレートを作ろう

植木鉢を作ってみよう!

ひなたぼっこは焼かずに自然乾燥で大変丈夫になり、耐水性もあるので野外作品も作ることが出来るねんどです。
中でも植木鉢はひなたぼっこの特長を存分にお楽しみいただけるのでオススメです。 このページではその植木鉢の作り方をいくつか紹介します。

カンタンミニポットの作り方

使用するもの
ひなたぼっこ小1個程度、伸ばし棒、ヘラ、木工用ボンド

カンタンミニポットの作り方その1

ひっくり返しながら、ねんどをだ円に伸ばします。

→
カンタンミニポットの作り方その2

片端を残して3/4くらいのところに内側に折り曲げるようにしてボンドをつけて接着します。

→
カンタンミニポットの作り方その3

内側から指を入れて、下部分を寄せてきて底を作ります。底の部分は平らになるようによくならします。

→
カンタンミニポットの作り方その4

形が崩れないように慎重に乾燥させます。上向き→下向き→横と向きをかえながら乾燥させましょう。

”とても大切な”作り方のPOINT

ねんどは水分が抜けることで乾燥する為、その過程で収縮して形が少し変わってしまいます。ですからこれにより形が歪にならないように矯正する必要があります。ひなたぼっこは3日~1週間で完全に乾燥しますが、最初の4時間くらいである程度形が固まります。その間は頻繁に確認して、形を矯正してあげてください。それ以後は時々見る程度で大丈夫です。植木鉢の場合は、内側に新聞紙やラップを丸めて入れておくと、形を保ちやすくなります。

StepUp
アニマルポット

カンタンミニポットに模様や足と頭を付けると可愛いアニマルポットに様変わり。各パーツは乾燥してからボンドで接着してください。

型を使った植木鉢の作り方

使用するもの
ひなたぼっこ(写真のサイズなら小1個程度)、型になる器(植木鉢やカップや皿など)、ラップ、伸ばし棒、木工用ボンド、(ヘラ、型抜)

型を使った植木鉢の作り方その1

おし型にラップを巻き、ねんど小1個をねらずに、ひっくり返しながら扇形に伸ばしていきます。

→
型を使った植木鉢の作り方その2

合わせ目が少し重なるくらい、横に合わせてくるんでいきます。

→
型を使った植木鉢の作り方その3

はみ出さないようにボンドをぬり、重ねるところをよくおさえます。

→
型を使った植木鉢の作り方その4

横の重なり分をよく押さえてならし、底の形にそわせます。

→
型を使った植木鉢の作り方その5

両手で鉢の形を整えて、そこの部分を折り曲げます。

→
型を使った植木鉢の作り方その6

指やヘラで植木鉢の穴の形を整え、全体をおさえて、隙間のないようにします。

→
型を使った植木鉢の作り方その7

ねんどの表面が乾いてきたら(環境に依りますが30分程度)型とラップをはずし、全体が乾くまで待ちます。

→

作り方のPOINT

今回の説明では先に植木鉢の本体を乾燥させてから装飾パーツをつけていますが、本体が乾燥する前に各パーツをつけることも可能です。ねんどは乾く前の方が、くっつきがいいので、同時に作った方が接着するには都合がいいです。ただし、パーツをつける際に本体が変形してしまう恐れがあるので、そちらにも気を配って行う必要があります。

型を使った植木鉢の作り方その8

形がゆがまなくなったら、タオルなどの上に横にねかせて、内側も乾燥させます。

→
型を使った植木鉢の作り方その9

植木鉢の装飾や足を作りましょう。型抜があると簡単に作れます。

→
型を使った植木鉢の作り方その10

ボンドがはみ出さないように注意して飾りをつけましょう。剥がれないようにしっかりおさえます。

→
型を使った植木鉢の作り方その11

全体が乾燥するようにビンなどにかぶせて乾燥させます。

→
型を使った植木鉢の作り方その12

もしひびが入ってしまったら、その断面に水やボンドをつけてねんどを詰めて補修してください。

StepUp
型を使った植木鉢の作り方その13

お椀のようなおし型を使うと、より開けた鉢が作れます。

→
型を使った植木鉢の作り方その14

ねんどにしわが出来ないように型に沿わせて、少しずつ上から押さえます。

→
型を使った植木鉢の作り方その15

下の部分をハサミで花びらのようにカットします。全体が乾燥したら、花びらの部分を飾りつけます。

→
型を使った植木鉢の作り方その16

花びらの部分をボンドで接着したら完成です。好きな形のオリジナル植木鉢を作ってください。

ひなたぼっこで遊ぼう

TOPへ

ひなたぼっこの商品紹介はこちら