クレイアニメを楽しもう

2.素材の準備

クレイアニメをつくるための素材にはいろいろな種類があります。
ここでは、製作するものごとに適した粘土を紹介します。

素材例

【動きの大きなメインのキャラクター向き】
クレイトーン、プラスタリーナなどの油ねんど

クレイアニメといえばクレイトーンというほどの定番です。
自然乾燥で固まらず、さらに長時間の撮影でも型崩れしないコシの強さを持っているので、動きのある作品を自由自在に作れます。

クレイトーンの詳しい説明はこちらです。

クレイトーン、プラスタリーナなどの油ねんど例

【動きを固定したキャラクターなど向き】
ケイトポリクレイや紙粘土などの形を固定できるねんど

ケイトポリクレイはオーブンで焼くことで固まるねんどで、とても丈夫なので形が変わる心配がありません。
紙粘土も乾燥により固くなるので、動きを固定した作品に使用できます。
作品の関節部分にアルミ線などの芯材を使用すると、その部分だけ動くようにも出来ます。

ケイトポリクレイの詳しい説明はこちらです。
紙粘土の詳しい説明はこちらです。

ケイトポリクレーなどのオーブンねんど

【土台や背景向き】
ウイングシルクなどの軽量ねんど

自然乾燥によって固まるとても軽くて扱いやすい粘土で、土台や背景などに様々な形で利用できます。
針金を芯材に使用して、土台に突き刺せるようにしておくととても便利です。

軽量紙ねんどの詳しい説明はこちらです。

ウイングシルクなど軽量ねんど例

TOPへ

TOPへ